SBCブログ-新松戸バドミントンクラブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 当たってから握りこめ

<<   作成日時 : 2014/01/16 15:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近のテーマは、タイトルに書いた”当たってから握りこめ”です。

毎月我がクラブに指導に来てくれるコーチの教えで、

『ラケットはぎりぎりまでやわらかく握り、ラケット面がシャトルを捕らえてから握りこみなさい。』

という指導ですが、これがなかなか難しいです。

理屈で考えると、きわめて合理的な教えなんですが。

インパクトの瞬間、シャトルにぶつかったガット面は後ろに押される。

さらに、ラケットヘッドも後ろに押され、結果、シャフトが大きくしなる。

この、インパクトから、シャフトのしなりがMaxになる間にグリップを握りこみ、

シャフトのしなり、ガット面の反発を利用してラケットヘッドを走らせると、

ものすごく気持ちよくシャトルが飛んでいきます。

基礎打ちでドライブ練習をしていると、時々ですが、この気持ちいいショットが打てるときがあります。

しかし、コートに入ると、インパクト前に、グリップに力が入ってしまいます。

♪ロング&ワインディング・ロードです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
当たってから握りこめ SBCブログ-新松戸バドミントンクラブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる